かぶぬしの下僕 

アクセスカウンタ

zoom RSS 1日で出来る工作

<<   作成日時 : 2008/03/08 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

下僕の専門は撮影でなく模型製作なのだが
ここのところ鉄道模型をいじっていないので禁断症状が…(笑)
そこで、手元にあったキハ58、28を使って
息抜きかねて1日で出来そうな簡単な工作をしてみることに。
今回は昔から作ってみたかった
”キハ58系 水郡線色” に挑戦

まず、キハ58、28を分解して車体をIPA(イソプロピルアルコール)にしばらく浸け、
歯ブラシで擦り塗装をはがす
画像

塗装をはがした状態

次にGMの白3号を全体に塗装
画像

1色塗ったらだいたい2時間くらいおいて完全に乾燥させる

次に塗るオレンジと緑は複雑な曲線なので
この間に塗り分け用の冶具を作る。
参考とした資料はこれ
画像

ケイブンシヤの
”90年度版 鉄道模型 カタログ大百科”
著者はネコ社の模型本で連載している江頭剛氏
とてもとても子供向けとは思えない濃いぃ内容(笑)
これは同じ模型クラブの左近君の蔵書で、
彼がいかに愛読していたかが窺える一品

たぶんこの本は入手難だと思うので
鉄道ファン90年3月号の特集に水郡線色のカラーイラストが掲載されているので
こちらも参考にされるとよいかと。

冶具の作り方は、
見開きのイラストをNゲージサイズに合うように縮小コピー
画像

記事の内容に
”こりゃあ、もう「型」を作るべきかもね!”
作り方ちゃんと書いとけよ(‐_‐#)

0.5ミリプラ板に糊で貼り付けて、塗り分け線にあわせて
画像


デザインナイフでカット
画像

貼り付けた紙をはがしておしまい。

前面のマスキング
画像

貫通ドアノブの下に0.8ミリに切り出したマスキングテープの帯を張る。
これを挟んで上がオレンジ、下が緑の塗り分けとなる
緑帯の下の位置はちょうどテールライトの半分の位置。

側面のマスキング
タミヤの18ミリ幅のマスキングテープがほぼ車体の上下幅と一致するので、
はり重ねずに1枚で貼る。
画像

テープが重なるとうまくカット出来なかったり、
その継ぎ目に塗料が吹き込んでラインが乱れたりするから。

先ほど作った冶具をテープの上から所定の位置に当てて
画像


デザインナイフを当ててマスキングテープをカット
画像

車体に直で刃を当てることになるので一発勝負(^_^;)

これが終わったら
画像

前面の緑色の部分とオデコをマスキングしてGMの”黄かん色”を塗装する
画像

塗装の終わった状態

次に側面の緑色となる部分のテープを先ほどと同じ用にカット。
画像

先に前面の緑帯となる部分にしておいたテープをはがした後に
画像

オレンジを塗った部分をマスキングする

GMの緑2号 を塗装
画像


乾燥後、マスキングテープをはがすと
画像

このように(^O^)

ヘッドライトに銀色を差し、塗装がはみ出た個所をタッチアップして
組み立てれば
画像

出来上がり\(^o^)/

作業開始から完成まで約8時間
画像を知り合いに送ったところ誰も”水郡線色”と答えられませんでした。
マイナーなんですねぇ、ちょっとがっかり(ToT)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いよいよ始まりましたね。キハ58系征服計画(笑

いや気動車バリエーション全制覇計画か(爆
次は四国のキハ47復元塗装か…
iMac3
2008/03/08 23:34
>iMac3さん
こんばんは
う〜ん、とても気力がもたないっす。

とりあえず不良在庫の整理兼ねて、月イチ位で簡単に出来る工作していこうかと考えています。
かぶぬしの下僕
2008/03/09 00:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
1日で出来る工作 かぶぬしの下僕 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる