かぶぬしの下僕 

アクセスカウンタ

zoom RSS ことでん 7

<<   作成日時 : 2008/05/11 02:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回はパンタグラフ周りです

パンタグラフが決まらないと台座や配管の位置が決まらないので
まずはパンタ選びから始めることにする。
実物写真を見るとPT42が近いようですが
GMのPT42は取り付け用の脚が
台の中央に2つあるタイプで気に入らないので、
とりあえず手持ちのパーツで似た様なのを探してみる。
画像

富の名鉄用が近いみたいなのでこれを使うことにする。
シューの部分が異なるがそのうちどこかから移植しようかと。

不要となる台座から下をカットする
画像

本当は台座を使用したいのだが、
実車と向きが異なり使えないので諦める。

パンタの台座のかさ上げしている部分の製作
プラストラクトの0.5×1.5のプラ板を
画像

凹の字状に組む。
真ん中のは位置合わせの冶具代わり。
継ぎ目を瞬間接着剤をパテ替わりに盛り、
硬化したらヤスリで整える

ぎゃ〜!! 
画像

危ないからやめて〜(>_<)ノ

屋根板に付けた状態
画像

平な部分が冷房の風洞の高さに合うように調整する。
プラ材の厚みが目立つのが残念、
あらかじめ内側を削っておけばもう少し薄く見せたかも。

クーラー前にあるヒューズ箱(?)の台座は
プラストラクトの1.0×0.5のプラ材を使用
画像

まず、風洞上部に接着し位置を確認
画像

次に左右の脚を付け硬化後、やすりで形体を修正する

配管の台座を付ける
まず、鉛筆などで配管の通る位置を下書きして
写真などを見ながら台座の位置を記入。
プラストラクトの0.3×0.5ミリのプラ材を
約1.0ミリにカットして接着
画像

上から見ると
画像

まぁ ズレたりしてますが
実物もこんなものなのでいいでしょう(妥協)

パンタグラフの台座の続き
エバーグリーンの0.13ミリのプラ材を
1.0×2.2に切り出し
その上に
プラストラクトの0.5×1.0を1.0ミリに切り出し接着
画像

接着剤の硬化後に中心に穴を開けて
パンタグラフを差し込めるようにすればたぶんオッケ〜

画像

だいぶ形になってきた(^^)
製作はいよいよ山場を迎え、
ようやくパイピング作業に入ります。

ここまでご笑覧いただき誠にありがとうございました。
下僕の次回作にご期待ください。
m(_ _)m



なお 続きは完成後に模型誌に掲載予定…


だといいんですけどねぇ(^^;)ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ことでん 7 かぶぬしの下僕 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる