かぶぬしの下僕 

アクセスカウンタ

zoom RSS キハ30 つづき

<<   作成日時 : 2008/11/21 10:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

キハ30ネタが続きます。

四国色に挑戦
画像

まず、車体を分解して
イソプロピルアルコール(IPA)に漬けて
画像

車体の塗料を落とします。

名板のある方の先頭は幌を付けないので、
画像

幌パーツの取り付け用の穴をプラ板で塞ぎます。

補強板を付けるので、手すりと名板を
平ノミ、デザインナイフなどで削り保管します。

補強板の製作です
”プラストラクト 0.3×1.5” のプラ材で
画像

側面→前面 の順で作業を進めます。
画像

(寸法はミリ)
@”プラストラクト 0.3×1.5”
A”プラストラクト 0.3×2.5”
Bタヴァサ 気動車用幌枠
手すり、名板は削ぎ落したものを再利用します。
反対側は幌が付くのでAの横寸法が多少違異なります。

ちなみにこの補強板、
八高線のと四国のでは天地寸法が異なります。
八高線はもう少し長いです。

屋根板は
画像

ごつい信号炎管のモールドを削り、別部品にします。

塗装です
幌枠が金属製なので、
マッハのメタル用シールプライマーを筆塗りし、
ねずみ1号を吹き加工箇所の傷、隙間などをチェックし
画像

水色の下地に白3号を塗ります。

次に
画像

調色した水色を塗装。

この時点で知り合いに見せたところ
関東鉄道の映画用 
と言われてしまいました(>_<)

前面のマスキング
画像

実物誌見ながらそれらしく、です

側面のマスキング
画像

外吊り式のドアの為凹凸は激しく、
そのままでは浮いてしまうので
デザインナイフでカットして、マスキングゾルで目止めしておきます。

最後にクリームを塗って
画像

車体の塗装が終了。

塗料の乾燥待ちを利用して
前面と側面のガラス部品のHゴムを
画像

軽くヤスリで削った後
油井ペンで黒に。

ヘッドライトは2灯式シールドビームなので
銀河のパーツに変えようとしたところ
画像

大きさがあわないので(‐~‐;)
画像

101系用のパーツから流用
このパーツの為に1500円はイタイ(TOT)
画像

銀に塗装してはめました。

組み立てて
画像

ほぼ完成

ジャンパ線パーツ塗るの忘れてました
ダメじゃん(^_^;)ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キハ30 つづき かぶぬしの下僕 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる