かぶぬしの下僕 

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国色の塗り方…

<<   作成日時 : 2011/02/28 01:07   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2月20日

午前中 漫画読んで昼寝して…

これではイカン 

という訳で何かしようと押し入れを探したところ

1年ほど前にねずみ1号を塗って放置していたキハ32を発見

今日はこれをクリーム色まで塗る事に(笑)

14:30作業開始

画像

屋根のねずみ色をマスキング

画像

排気口周辺は排気口下にある雨どいまでマスキング

実車は
画像

上に水切りがあるのでたぶんここはクリーム色と思われます。
仕方ないので模型合わせです(笑)


車体を水色に塗った後
側面から
画像

マスキングテープを張ります。
窓上の帯 0.4ミリ
窓下の帯 0.8ミリ

先に張った帯の下のクリーム色になる部分に
画像

同じく0.8ミリに切り出したマスキングテープを張って

その下の
画像

青帯になる部分をマスキング。

前面に移って
画像

側面の窓下の青帯を前面に延長して上限を決めて、
幌枠下の細い帯もマスキング。

次に
画像

青帯び挟まれたクリーム色の部分を
1ミリ幅に切り出したマスキングテープにてマスキング
これは後ではがします

続いて
画像


画像

青となる部分をマスキングしていきます
先に張ったクリーム色の部分のマスキングテープと
並行になるように張るのがポイントでしょうか?

張れてませんけれど…orz

画像

クリーム色になる部分のテープをはがして

画像

デザインナイフで渡り板の部分をカットします。
この渡り板が青のままだと印象がかなり変わります


最後に

凹凸の激しい幌枠周辺や
画像

折り戸の部分のマスキングテープを
デザインナイフで切りこみを入れて、
浮き上がりを無くします。

この時点で側面窓下の青帯の間に張ってあったマスキングテープを剥がします。

テープをカットして密着させると当然隙間が生じるので、
画像

マスキングゾルを塗っておきます。


クリーム色がなるべく青帯部分に入り込まない様にするために
画像

上から軽く青を吹いておきます。

以上で青帯部分のマスキングは終了

この後
画像


下地に白3号を塗った後
クリームを塗ります。

マスキングテープを剥がします
画像

少し吹きこんでました…orz

画像

剥がします

画像

剥がします
画像

ドア部分も吹きこんでました
…後でタッチアップします
(TΔT)

20:45
最後に屋根のマスキングテープを剥がして
画像

本日の作業終了

ちょっとクリームが厚めになってしまいましたが
まぁ、こんなもんでしょう

完成はいつになる事やら

(^_^;)ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四国色の塗り方… かぶぬしの下僕 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる