かぶぬしの下僕 

アクセスカウンタ

zoom RSS ことでんのバスを作りたい 1

<<   作成日時 : 2013/11/26 21:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

9月19日

先日、高松駅で取材したので、
画像

ことでんのバスが作りたいのです(笑)


タネ車は先日ネットオークションで落札したこちら、
画像

バスコレ18弾、日野レインボーHRの”十勝バス”

ただ、長さが違うようなので、何がどう違うのかとぐぐってみると、
どうやらことでんで使用されている車両は9m車体で少し短いらしい。

どこがどう違うのか判らないので、

何か図面とかないかナ〜?

検索したところ、日野のHPに図面がありまして、
画像

プリントアウトして1/150サイズに直します。
(^∀^)
どうやら、9ミリほど短くすれば良さそうです。

まず最初に
画像

車体を分解して、

まず床板にマスキングテープを巻いて印を付けて、
画像

デザインナイフで6ミリ切断して、

画像

スケール定規を下に敷いてジクロロメタンな接着剤で接合します。

次に、
画像

中央のドアと反対の非常口扉の上部をデザインナイフでカットして

車体中央に6ミリに切り出したマスキングテープを巻いて、
画像

床板を挟んで

画像

デザインナイフで軽く何回か引いて切り込みを入れます。

屋根は真ん中をを切り継ぐと目立つので、
画像

冷房の後ろあたりにテープを巻いて切断。

画像

バラバラになりました
(ノд・。)

後輪より後ろを3ミリほどカットすれば合計9ミリ短縮される計算なのだが、
ここで問題が発生
写真と図面を見比べると、
画像

どうにも後輪の後ろにある非常口とその後ろの窓の位置が合いませぬ。

1時間ほど迷った挙句
画像

適当な場所に3oに切り出したテープを巻いて中央部分と同じ要領で切断。

画像

さらに細かくなりました。
(/ヘ ̄、)


ここから再生させます。

切断した側面を
画像

裏からスケールを当てて、ジクロロメタンを流して接合。
画像

乾かないうちに表からもスケールを当てて平面になるように微調整をします。


どうも切りすぎてしまったらしく、
画像

隙間ができてしまったので、

画像

切断して不要になった部分から薄く削ぎ取って、

画像

接着剤を流して埋めました。

屋根にクーラー用の
画像

1.4ミリ穴を開けて一応作業終了〜

仮組みしてみると
画像

良いんじゃないでしょうか?
o(^0^)o

画像

長さが違うのが一目瞭然です

接着剤が完全に乾いてから、
切り継ぎした隙間を少量の瞬間接着剤で埋める予定。

バラバラにしたときは不安でしたが、
どうにか形に出来ました。
A=´、`=)ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ことでんのバスを作りたい 1 かぶぬしの下僕 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる