6000系 クーラー

2月27日

6000系のクーラーをいぢります。

実物は
画像

この様にAU75のファンを1つ減らした感じなので、
とりあえず手持ちのAU75を見比べます。


画像

右がトミーの PC-101”AU7 G”
左が同じくトミーのPC-100”AU75B”

AU75G はカバーの釣りフック(?)が片側2つでほぼ同じですが、
ファンの横にあるルーバーが2列で事なります。

AU75B はファンの横のルーバーが3列ですが、
フックが片側3つと異なります

こちらは
画像

α-modelの”AU75S”

フックは2つ、ルーバー3個とほぼ似ています。
が、フックの位置がちょっと中央に寄りすぎてるのと
側面に溝があり、これは埋めるのが面倒そうです。

これが千葉の有名モデラーさんならきっと、

AU75GとAU75Bをつなぎ合わせて
シリコンで型どりしてレジンでコピー


とかするんでしょうけれど

下僕はへっぽこなのでそこまでしません(笑)

考えた末にフックの位置でAU75Gに決定。

画像

側面の突起物をデザインナイフでカットして、

画像

不要となる部分のカバーに裏からナイフで筋を入れて

画像

横から切り込みます

画像

分離した状態

画像

余剰のファンをデザインナイフでカット
マイターBOXとかレザーソウは使いません
出すのが面倒くさいので…
(^_^;)

画像

先に切り離しておいたカバーを再利用して接着し、

画像

隙間を瞬間接着剤で埋めた後、
サンドペーパーで整えて出来上がり。

屋根に乗せてみて
画像

実物の雰囲気が出てきました
(^_^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック