テーマ:四国6000系

6000系 床下

3月24~25日 上回りの加工が大体終わったので 床下の加工に着手する事に。 使用するのは 先日購入したGMの211系スカートと トミーの207系の分売パーツ。 これだとスカートが無加工で取り付けられますし、 207系の床下機器は6000系と似てますから。 (^ー^) 動力車の6000から加工します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系 妻板

3月6日 また しばらく… とか言ってましたが、  ちょっと時間ができたので やり残していた妻板の母線と作用管を取り付けました (^0^) 作用管は幌枠と配電盤の間を通るのだが、 実物写真を見てみると、 屋根から折れてくる時点では横に並んでいるが、 配電盤の下に降りてくると縦に並んでいる様なので …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系 ドア窓

2月28日 先日、 幌を削った妻板に配管を付けようと 資料写真を見ていたところ、 ドアの窓が長い事が発覚 ( ̄□ ̄;) なので 延長しました。 だいたいの雰囲気で拡大したので正確ではないですが、、 それよりもドア自体の横寸法が違っているような気がします。 これを修正するとなるとまた時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系 クーラー

2月27日 6000系のクーラーをいぢります。 実物は この様にAU75のファンを1つ減らした感じなので、 とりあえず手持ちのAU75を見比べます。 右がトミーの PC-101”AU7 G” 左が同じくトミーのPC-100”AU75B” AU75G はカバーの釣りフック(?)が片側2つでほぼ同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系 ちょっと再開

2月26日 半年近く前に中断した 6000系を久々にいぢります。 まずは年末に取材した際に発覚した 6200の配電盤を 剥がします。 サンドペーパーで整えて、 ランナー伸ばし線でリブを再建します。 次に6000の屋根上配管の続きで、 以前マスキングテープで仮止めしていた母線を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系 母線 にっ

10月15日 3号が寝た22:00頃 6000系を2週間ぶりに作業再開しようと 物置から取り出そうとしたところ… まさかの落下 (>_<) その衝撃で 接合部分が外れてしまいました。 真鍮とプラの異種材料を使用するコンバージョンキットの宿命でしょうねぇ… (T_T) 23:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系 母線

10月1日 23:00~ 3号がちょっと早めに寝たので、 6000系の母線を曲げます (^_^) まず、 以前取り付けた配管の台座に0.3㎜穴を開けて、 0.4㎜真鍮線を台座の位置に合うように こんな感じで曲げていきます。 車体のカーブに合わせて曲げるのは難しいです (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系 避雷器配線 にっ

9月20日 遅めの夏季休暇 どこか行こうかと考えていたのだが、 生憎の台風接近(T_T) なので 6000系続きをちょっとだけする事に。 0.2㎜真鍮線を 避雷器方向から屈曲していきます 横から見るとこんな感じ 低屋根部分ギリギリで立ちあがります(笑) 配管止めは通常割りピンを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6000系 パンタグラフ

9月10日 6000系に使用されているパンタグラフ。 マイクロの121系に使用されている物と確か同じなのだが、 残念なことに分売されていない。 となると 似たようなモノで代用するしかないのでいろいろと考えた挙句、 トミーのPS23に決めたのは1年以上前の事。 あんまり覚えていないのだが、 折りたたんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系 カギ外し線 

9月4日 昨日に続き6000系の屋根の工作です。 パンタグラフのカギ外し線の始点にある箱 (名称も何かもよく知りませんけど…)を プラ板でそれらしく。 次に作用管を曲げます 0.25㎜真鍮線を折り曲げて2本になるようにし、 こんな感じで 2本同時に曲げていきます。 終点の1本はランボードの穴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系 避雷器配線 

9月3日 久々の1人の週末 何をしようかと考えた末に 以前作りかけていた6000系の製作を再開する事に。 前回 といっても1年以上前なのだが、 6000形の前方のパンタグラフの位置を修正する為 低屋根部分のプラ板を張り直した所で作業が中断していた。 今回は パンタグラフと、配管の台座の位置を決めて、 プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイッチバック

7月25日 久々に6000系の屋根の加工をしようかと ケースから引っ張り出してみる カギ外し線と避雷器の配線が気に入らないので やり直すことにて すべて引っぺがす(笑) そしてもう一つ 前方にあるパンタグラフなのだが、 説明書の記述通りに低屋根化したのだが、 今のままでは避雷器の配線とパンタグラフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系 配管

7月4日 6000系屋根上の続きを行いました 予定としては パンタグラフのカギ外し線をハンダ付けして、 0.4ミリ真鍮線を屈曲して、被覆線の表現をして 後は質問と雑談かなぁ~? とか考えておりまして… で 実際 パンタカギ外し線 0.15ミリ真鍮線に0.15ミリ真鍮線を絡ませて 碍子を表現… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系 屋根 台座

7月3日 明日は東京でイベントです 今日までに配管の屈曲まで終えて、 後は会場で固定する ( ̄ー+ ̄) 予定でした が、 この1週間の作業をまとめると、 6月29日 プラストラクトの0.3×1.0のプラシートを 1ミリと2.5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系 妻板

6月27日 6000系の続きです 屋根が一段落したので気合が抜けてます(笑) 6000系の妻板には配電盤があるのですが、 昔出ていた6000系のキットには ホワイトメタル製の部品がありましたが、 今回使用した製品には含まれていなかったので、 代わりにエッチングパーツが含まれているので これに 0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系 屋根

6月26日 2週間ぶりに6000系の続きです 説明書に従ってクーラーの位置のリブを削ります まず、マスキングテープで位置決めして デザインナイフでテープに沿って切り込みを入れます ハセガワの平ノミでリブを削ります この後400~1000のサンドペーパーで平滑にします。 6000のパンタ周りは低屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6000系

6月13日 朝から雨です いよいよ梅雨入りですねぇ も~ぉ しばらく塗装は出来そうにありませんな(泣) 昨日に引き続き不良在庫整理の工作です。 今回のネタは さいどらいんのJR四国6000系 2年ほど前のJNMAで仕入れた物ですが、 すでにメーカー絶版品らしらしいです。 メタルの配電盤パーツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more